ESS / 機能紹介

ESS Features

システムで使用するコンテンツは4種類に分かれ、データベースに登録されます。

ESS
ESS システム全体図
モバイル
ESS モバイル

お客さまが作成

個人問題

教員個人が問題作成プログラムを使って自由に作成

大学問題

大学の正規試験の使用した問題(卒業試験・定期試験 他)

アルプからご提供

国家試験問題

過去の国家試験問題(解説・要点付き)

CBT練習問題

モデル・コアカリキュラムに準拠した練習問題(解説付き)

試験管理

試験の作問依頼から実施までの作業(作問依頼/問題作成・提出/ブラッシュアップ)を行い、その進捗状況を管理します。

CBT

定期試験や授業中に実施するテストを、CBT形式で行います。試験管理で準備された試験問題を、ゾーン別・グループ別にランダム出題します。

問題作成

多岐選択形式の試験問題(問題・正解・解説)を作成して、データベースに登録します。

アルプから提供される国試問題、CBT練習問題は複写・改変して新問題として保存できるので、様々な試験問題の作成に有効です。

プリント試験

試験管理で準備された試験問題の編集・印刷を行います。

紙面イメージの自動レイアウトや選択肢のシャッフル印刷ができ、作業効率が著しく向上します。

演習

受講者や問題を指定して実施する簡易テスト・宿題機能のことで、“CBT形式”と“プリント形式”の双方に対応しています。

プレテスト・ポストテストが簡単に実施でき、終了後には、すぐに欠課を採点集計します。

自習

学生の自主的な判断や教員の指示により、学生に公開されている問題を、学生自身のペースで学習する機能です。

教員と学生の双方が学習効果を共有・確認しながら学習を進めます。

マークシート採点・集計

試験のマークシートの読込み、集計、採点、成績管理を行います。卒業試験や学内で実施する様々な試験で活用できます。

プリント試験を実施した試験問題には、正答率/識別指数をインポートします。

管理

ユーザーの登録と管理を行います。また、講座名、授業科目、試験名称などの登録と管理を行います。

利用イメージ

利用イメージ