沿革

History

1982
資本金6,000万円で設立、東京都千代田区麹町に本社を置く。
1983
日本アイ・ビー・エム(株)の特約店となる。
大阪市に大阪営業所を開設する。
本社を隼町に移転する。
1984
資本金を9,000万円に増資する。
1990
那覇市にアルプ沖縄株式会社を設立し、沖縄事業所を開設する。
1994
教務システム「賢者」の開発。
1995
社名を「アルプ株式会社」と変更し、本社ビルを平河町に移転する。
2003
首都圏単位制高校にてWEB教務システム「賢者」稼動。
2006
アルプ沖縄株式会社を吸収合併する。
2007
熊本県先導的教育情報化推進プログラムにおいて、統合型WEB教務システム実証実験。
2008
日本で初めて電子署名方式の指導要録電子化、文科省承認。
2009
熊本県下の全校に統合型WEB教務システムを展開、以降他の自治体および私学でも実装。
2015
国際バカロレア教育プログラムおよび特別支援学校に展開。
駿台グループのITラーニング専門企業エスエイティーティー株式会社の100%出資会社となる。
2017
APPLIC 教育情報アプリケーションユニット 全ユニット相互接続イベント成功
「賢者」と駿台予備学校の「駿台サテネット21」が融合した学校支援プログラム『賢者+V』を提供